2018年06月01日

昭和乙ニュース(338)“太陽映画”自粛させる 昭和31年

338_31-08-23_朝日_太陽映画自粛させる.jpg

「マス・コミュニケーション倫理懇談会」が「映倫」に送った「“太陽族映画”自粛要望書」に対する回答だ。

 それによると、「一部の映画作品が物議をかもしたこと」を反省。審査は「慎重を期すべく努力」する。とくに「<性>と<暴力>には留意」したい・・・「今後は、些細なコトでも、しっかり修正要求しまっせ」という返事だった。

 記事中の「一部の映画作品」とは、昭和31年6月28日封切の映画『処刑の部屋』(大映、監督:市川崑/主演:川口浩、若尾文子)のこと。石原慎太郎の短編小説を映画化したものだ。

 問題になったのはレイプシーン。酒の中に睡眠薬を入れられた若尾文子が正体不明になり、川口浩に暴行されるのだが、脚本の段階で映倫から何度も修正要求を出されていたらしい。

 どの程度、修正要求に応じたのかは不明だが、公開後に主婦団体や教育団体から猛烈なバッシングを受けることになる。さらに、映画のシーンを真似た性犯罪や暴力犯罪が多発し、世間は“太陽族映画”に強い嫌悪感を抱くようになった。

 ちなみに「太陽族」とは、夏の海辺などで刹那的、快楽的にたむろする不良たちのこと。最近の若いもんは・・・とは言わない大宅壮一のセンスが光る言葉で、流行語になった。

▲映画『処刑の部屋』。レイプシーンは40分頃からだが、今どきの感覚ではバッシングを受けるようなシーンだとは思えない。

画像:朝日新聞/昭和31年8月23日

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和乙ニュース