2018年06月21日

昭和乙ニュース(348)富士お山開きの準備 昭和21年

348_21-06-09_朝日_富士お山開きの準備.jpg

 平成30年と同様、昭和21年も富士登山吉田ルートの「お山開き」は7月1日。終戦から1年未満だったのに、登山者を見込んでいるのがすごい。

「吉田口」の「富士登山保安協會」が決めた料金は「宿料 素泊り十円」、「食糧持参炊事附十九円」。

 泊まるだけなら10円ですむが、持参した食糧を炊事すると19円と倍近くになる。煮炊き用の燃料費がプラスされているとしても高すぎる。食糧持参しているのに。

 ちなみに今どきは、素泊まり5000〜6500円。

「食糧事情」が悪いので「強力や乗馬の案内、登山バス」は中止らしいが、「登山者は暴風雨などに備へて食糧を澤山携帯するやうに」というアドバイスが愉快。今どきなら「暴風雨などに備へて防寒対策をしっかりと」になると思われる

画像:朝日新聞/昭和21年6月9日

posted by sankiyou at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 昭和乙ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183605285

この記事へのトラックバック